まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

テレワークできるようになって「良かった」!? 重要なのは「自分の裁量で働き方を選べる」こと

img_225709_11

 リクルートキャリア(東京)は、全国の20~60代の就業者(経営者、公務員、自営業、自由業、パート・アルバイトを除く)948人を対象に、新型コロナウイルス禍での仕事に関するアンケートを実施した。調査期間は8月7日~10日。

 まず、緊急事態宣言下でテレワークを経験した人について調べると、生産年齢人口の多い順に、東京では71.1%、神奈川は63.8%、大阪は64.8%。一方、その他の44道府県では38.5%に留まり、東京とは32.6ポイントと大きな差になっている。

 緊急事態宣言を機に「自己の判断で自由にテレワークできるようになった」人は、66.1%が「良かった」と回答。一方、感染症対策として緊急の導入だったため、「会話が減少したことで意思の疎通が図りにくくなった」など、テレワークへのネガティブな考えもあった。

 調査時点で転職検討中/活動中の人のうち、新型コロナウイルス禍の影響で自身のキャリアを考えた人は58.8%。仕事を選ぶ際に重視することのうち、変化が大きい項目のトップ3は、「給料が高い(+15.0pt)」、「テレワークが認められている(+14.4pt)」、「副業が認められている(+10.8pt)」と、テレワークを重視する人が増えた。

 一方、地域で働きながら、働きたい企業等(都内)で働ける選択肢があった場合、働き方を変えたいという意向がある人は71.7%。「転職が伴う場合」でも59.0%が意向ありと回答。また、12.7%は「転職が伴わない場合」としている。東京・神奈川・大阪の3都府県で、意向がある人のテレワーク経験は72.9%、調査時点でテレワーク継続中は53.8%だった。

 同社のHR統括編集長・藤井薫氏は、アンケート結果を受けて、テレワーク経験者の対極的な声をピックアップ。ポジティブ面は、「時間を有効に使える、業務効率が上がった」。ネガティブ面は、「意志の疎通が図りにくくなった、自宅と会社でのペースが違い混乱した」といった声があった。テレワークに対する感情も、「自己の判断で自由にテレワークできるようになった」人は、66.1%が「良かった」と回答。一方で、「会社の基準で出勤割合が決まった」、「通常出勤に戻った」人は、30%近くが「良くなかった」と回答した。テレワークのポジ/ネガの感情を分ける鍵は、働き方を自分で決められる裁量権の有無にあるのではないか、と指摘した。 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ