まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

昼と夜のテイクアウトは増加するも、朝は増加せず 外食サービスの利用調査

イメージ
イメージ

 ソフトブレーン・フィールド(東京)は、全国のアンケートモニターから独自に収集する「マルチプルID-POS購買理由データPoint of Buy」から、コロナ禍での生活者の意識や行動の変化を分析、「外食サービスの利用」の調査結果を発表した。

 まず、新型コロナ感染拡大前(2020年2月頃まで)と後(2020年3月頃~現在)における、外食利用回数の変化を調査すると、感染拡大前は「月に2~3回程度」(33.8%)と回答した割合が最も多かったのに対し、感染拡大後は「月に1回以下」(52.4%)と回答した割合が最も多くなった。また、「週に1回以上外食をしている」人の合計割合は、34.6%から21.7%に減少したことから、外食離れの傾向が強まっているようだ。

 外食の利用で変化したと感じること(複数回答)を聞くと、前出の「利用回数の変化(53.2%)」が最も多い。その理由では「週末は夫婦でショッピングモール等に買い物に出たついでに夕飯をレストランやフードコートで済ませて帰ることが多かったが、外出もしなくなったので行かなくなった」(40代女性)、「特に行かなくなったのは、夜の居酒屋チェーン。ほとんど行っていない」(60代男性)といった声が聞かれる。

 他にも、「利用するチェーン(店舗)の変化(17.1%)」、「利用時間帯の変化(14.5%)」が続き、その理由として、「以前は仕事の打ち合わせでドトールなど使っていたが、在宅ワーク中心となり行かなくなった」(50代男性)や、「在宅勤務中のランチに、ケンタッキーやバーガーキングなどのファーストフードでテイクアウトすることが多くなった」(40代男性)、といった在宅勤務の浸透や、「ランチよりも夕食にテイクアウトをよく利用するようになった」(30代女性)など、自炊疲れから解放され、自宅で家族団らんを楽しむ食事としての利用などが挙げられていた。

 外食の利用シーンを選択肢で聞くと、感染拡大前は、「朝食」「昼食」「夕食」「おやつ・休憩」の目的で店内飲食を利用する割合がテイクアウトを上回っていたが、感染拡大後は、「朝食」を除いてテイクアウトが増加、店内飲食を上回った。テイクアウトの割合は、「昼食」(32.8%→46.1%)と「夕食」(23.3%→36.5%)がともに増加した一方、店内飲食の割合は、「昼食」(64.6%→39.1%)、「夕食」(52.6%→28.1%)となり、特に夕食の店内飲食の割合は半数近く減少した。

 また、「朝食」(10.8%→5.1%)の店内利用の割合は半減したにも関わらず、昼食や夕食のようにテイクアウト利用の割合は増加せずに、ほぼ横ばい(5.2%→4.7%)という結果に。「出社前に会社近くのマクドナルドでコーヒー購入が日課であったが、今はテレワークとなり朝の利用が減った(30代男性)」、「以前は会社の近くにある吉野家やガストで朝食をとっていたが、今はテレワークとなり朝の利用が減った」(50代男性)といった声が聞かれた。

 現在においてもコロナ終息の目途が立たず、外食産業は厳しい状況が続いているが、今回の調査対象のうち、新型コロナ感染拡大前と比較して、テイクアウトなどを含む「外食サービスの利用が増えた(357人)」と感じている人も一定数いた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ