まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

“避難所での授乳” 多くのママ・プレママが不安 備蓄意識高まるも、準備は進まず

イメージ
イメージ

 この1年で、国内では台風、豪雨、そして新型コロナウイルス感染拡大など、多くの災害に見舞われた。明治が日本全国の乳幼児ママ・プレママ(第1子妊娠中、または末子年齢が2歳未満)465人を対象に、備蓄・防災意識に関するアンケートを行ったところ、乳幼児ママ・プレママの多くが「避難所へ行くこと」「災害時の授乳」などに不安を抱えていることが分かった。また、昨年と比較し災害時に備えた物品の備蓄意識が高まった一方で、実際に備蓄している人の割合はそれほど伸びていないという課題が明らかになっている。

 調査によると、乳幼児ママ・プレママの97.4%が「赤ちゃん連れ避難」に不安と回答。その理由として「新型コロナウイルスなどの感染症リスクが心配」(78.4%)、「避難所に乳幼児に必要な備蓄品がそろっているか分からない」(82.8%)、「避難所で授乳やおむつ替えなどが安心してできるか分からない」(80.6%)などが挙がった。

 また、「大規模災害時、赤ちゃんへの授乳にどんな不安があるか」との問いについては、92.9%の母親が何らかの不安を回答。具体的には、「哺乳瓶を洗浄できず、使えなくなる」(55.1%)、「調乳に適した安全な水を調達できなくなる」(54.6%)、「避難所で多くの人がいる中で、母乳を与えることはストレスになる」(53.1%)など、乳幼児ママ・プレママの不安は多岐にわたっている。

 備蓄については、台風や新型コロナウイルス感染拡大初期に買い占めが発生したティッシュペーパー・除菌ウェットティッシュやトイレットペーパーなどについて、回答者全体のほぼ半数が備蓄していた。一方、末子0~2歳未満のママに聞いた災害を想定した乳児用ミルクの備蓄率は、「粉ミルク(缶入り)」(16.1%)、「粉ミルク(キューブ)」(14.2%)、「液体ミルク」(13.2%)と、依然として低いままだった。

 液体ミルク購入経験率については、21.5%と昨年(11.0%)の約2倍に。また、プレママの71.0%が「災害時の対策として今後備蓄したい」と回答していた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ