まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

withコロナの時代でSNS 3割が自分の行動を投稿することに抵抗感

イメージ
イメージ

 BIGLOBEは、「withコロナ時代のストレスに関する調査」を全国の20代~60代の1,000人(うちSNSを利用している770人)を対象に8月5~6日に行った。

 最初に、SNSを利用している男女770人に「withコロナ時代になってから、自身の行動をSNSに投稿することに抵抗を感じるか」を質問すると「感じる」(18.8%)、「やや感じる」(15.2%)と、3割強の人が抵抗を感じていた。

 「SNSで他者から誹謗(ひぼう)中傷をされたことがあるか」尋ねると、全体では「よくある」(4.5%)、「たまにある」(13.0%)で、計2割弱という結果に。年代別に見ると、20代は「よくある」(10%)、「たまにある」(18.9%)と約3割が誹謗中傷をされたことがあると回答し、年代別で最も高くなっている。

 一方、「SNSで一般人・著名人に対して誹謗中傷をしたことがあるか」との問いには、全体の7%が誹謗中傷をしたことがあると回答。年代別では20代が最も高かった。一般人に対しては「よくある」(7.8%)、「たまにある」(7.2%)で2割弱、著名人に対しては「よくある」(5.6%)、「たまにある」(6.1%)で1割強が、誹謗中傷をしたことがあるという。また、40代も約1割と、20代に次ぐ結果となった。

img_223334_2

 「SNSで他者の誹謗中傷をした理由」については「対象が嫌いで我慢ならないから」(33.3%)、「対象に嫉妬があるから」(23.3%)、「日常のストレスのはけ口」(23.3%)、「誹謗中傷をされたので言い返した」(20%)、「かまってほしいから」(20%)、「暇だから」(15%)、「面白いから」(13.3%)という結果となった。

 男女1,000人に「SNSでの誹謗中傷に対して、罰則を強化すべきだと考えるか」を質問したところ、「そう思う」(50.3%)、「ややそう思う」(34.8%)、「あまりそう思わない」(7.5%)、「そう思わない」(7.4%)という結果になり、全体の8割強が強化すべきとしていた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ