まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

コロナ禍での病院受診状況 オンライン診療を受けたことがある人は2.4%のみ

DEoufiUUTikcDhFDqmw4

 新型コロナウイルスの影響で、電話・オンライン診療のサービスを始めたところは多い。しかし、実際にはどの程度普及しているのだろうか? クロス・マーケティング(東京)は、全国の20~69歳の1,100人を対象に「電話・オンライン診療に関する調査」を実施した。その結果、電話・オンライン診療を受けたことがある人は2.4%にとどまっていることが分かった。「受けたことはないが、今後受けてみたいと思う」と答えた人は37.4%。反対に、「今後も受けないと思う」という慎重派は60.3%もいた。

osv5pjUQcrFTUHYlozFx

 電話・オンライン診療で「不安に思う点」(三つまで)を聞いたところ、一番は「診断できる範囲が分からない」(36.9%)だった。2番目の「正確な診察・診断をしてもらえるか不安」(33.0%)と合わせて、実際にどのような診察内容であるか分からないことから来る不安感が強いようだ。「受診方法が分からない」は22.3%。「症状をうまく説明できるか・伝わるか不安」という人も21.5%いた。

16VdYOot26UEpHhm2JX7

 オンライン診療が不安であれば通院するかというと、このコロナ禍で「病院に行くことへの抵抗感がある」人は60.6%。特に20代女性(72.7%)で抵抗感が強い一方で、40代と60代の男性(47.3と50.9%)は比較的抵抗感が低いことが分かった。

 オンライン診療は実際の対面診療と比べて多少制限はあるかもしれないが、受診方法や薬の受け取り方など、サービスの基本を周知する必要がありそうだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ