まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

延期された東京五輪を米中の人はどう思っている? 配慮すべきことは両国で差

イメージ
イメージ

 本当だったら、今ごろ五輪で盛り上がっていたのに──ブレインパッドは、東京五輪の開催に対する海外の意識調査を目的として、同社が取り扱うマーケティングリサーチツールのSNS分析機能とアンケート機能を活用したオンライン調査を実施した。

 各国で新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、今回はアメリカと中国という二つの大国を対象に調査を行い、18歳以上の男女2,051人(米国:1,043人、中国:1,008人)から回答を得た。

 それによると、米国の48.4%、中国の46.8%が、「2021年に東京五輪を開催してほしい」と回答。また、「東京五輪のために訪日したいか?」との質問に対する、「はい」「多分(訪日したい)」との回答は、米国21.0%、中国58.4%となり、大きく差が開いている。

img_221362_1

 

 東京五輪の開催にあたり配慮すべきことを問う質問に対しては、アメリカは「選手の感染対策」(30.5%)、中国は「観客の感染対策」(28.7%)が最も多く、訪日観戦意欲の高い中国は、観客の感染対策に対する関心が高い結果となった。

img_221362_3

 他方、日本国内の新型コロナウイルス感染拡大の状況を、どの程度深刻と捉えているか尋ねると、「非常に深刻」の回答は、米国37.9%、中国29.2%。反対に、「深刻ではない」との回答は、米国17.5%、中国29.1%だった。日本の感染状況をどのような情報チャネルから入手したかという問いに対しては、アメリカが「テレビ」(36.2%)、中国は「オンラインニュース」(29.7%)が最も多い。「深刻ではない」と認識している層に比べ、「非常に深刻」と認識している層の方が、より多く「テレビ」を情報源としていることが分かった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ