まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

GoToキャンペーン、活用したい人は半数超 夏の旅行についてのアンケート

イメージ
イメージ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で疲弊した景気・経済の活性化策として政府が打ち出したGoToトラベルキャンペーンも、対象外となった地域が出て、ムード的にも盛り上がれていない。長梅雨の影響もあって夏らしさを感じることもできていなぎが、もうすぐ8月! 今年の夏の旅行はどうする? ポート(東京)は、コロナ禍の今年の夏休み、一人当たりの旅費宿泊費(食費等も含む)がどう変化するのかアンケートを実施した。回答者数は20代~30代の働いている人200人(男性84人/女性116人)。

 今年の夏休みに旅行にかける予算を聞くと、去年より減った人は48.5%、変化なしが44.5%、増えた人は7.0%という結果になった。旅行にかける予算が減った人からは、新型コロナウイルスの影響で「今年は行かない」といったコメントが多く、全体の55.0%が「行く予定はない」と答えた。また、予算に変化がない人の中からは「マスクをつけて極力人と接触する危険性の少ない平日に旅行に行く計画を立てている」(20代男性、会社員)といった声も。具体的な金額では、「1万円~5万円」という回答が多かった。10万円を超える人は去年の14.5%から4.0%に減った。

 誰と旅行に行くかについては、旅行に行くと答えた人のうち51.1%が「家族」と回答。交通手段は、「自家用車」と回答した人が47.1%を占めた。ちなみに、行先として「海外」と答えた人が0.5%、つまり、200人の回答者の中で1人だけいた。

 「GoToトラベルキャンペーン」については、18.0%の人が「積極的に活用したい」、38.0%の人が「可能であれば活用したい」と回答。それでも、活用したいと回答した人のうち47.3%は、去年より旅行にかける予算が減っていた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ