まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

医療現場は3月に比べると改善? 現場の医師にアンケートを実施

イメージ
イメージ

 医療機関検索サイト「病院なび」を運営するeヘルスケア(東京)は、自社の協力医師会員に対して、3月以降継続してアンケートを行ってきたが、6月23日~29日に「第4回 新型コロナウイルス(新型肺炎)についてのアンケート」を実施。ここでは3月、4月、5月に行った調査結果と比較するかたちで、診療現場にいる医師の実感をつかみ、医療機関の対応状況、医療資材の不足状況、医師の意識の変化を探った。調査対象は、3月の第1回アンケートに回答のあった817人で、有効回答は571人だった。

 今回の調査によると、感染疑いのある患者を診察し、検査が必要と判断した医師の約半数(52%)が「全て検査を行った」と回答するなど、検査体制は改善傾向にある様子(3月調査では38%)。ただし、残りの約半数(48%)は「検査を行えない場合があった」とし、具体的にどれくらいの割合で検査を行えなかったか尋ねると「7割程度以上」が最も多い。検査が全く行えない状況は解消しつつあるものの、検査ができないケースが少なくないようだ。

 医療スタッフは足りているかを聞いたところ、「十分であると思う」および「まあ十分であると思う」との回答が、32%(4月)→46%(5月)→54%(6月)と推移し、全般的には改善傾向にある。ただ、6月調査の結果から明確になったのは、中規模以上の病院と診療所・小規模病院との間の大きな実感の差だ。両者の「十分である」との回答には、20ポイントの開きがあった(中規模以上45%:小規模65%)。中規模以上の病院の医師では、10人に3人が、「全く十分ではない」または「あまり十分ではない」と回答している。

 勤務先医療機関スタッフの疲弊度を尋ねたところ、「疲弊が高まっている」および「疲弊がやや高まっている」の回答合計は5月調査と同水準(両月とも46%)。しかし、中規模以上の病院、感染症指定医療機関、そして新型コロナウイルスの疑いがある患者を診察した医師では「高まっている」が過半数を占めていた。

 不足している医療資材についての質問では、全ての項目で選択率が低下。しかしながら、「N95マスク」は約半数、「ガウン・エプロン」「消毒用エタノール、消毒用アルコール」「感染防護服」は半数近くが不足、「サージカルマスク」と「フェイスシールド、ゴーグル」は3割以上が不足している様子だ。

 最後に、非常事態宣言が解除された今だからこそ伝えたいことを、自由に記述してもらった。 「医療従事者に休息を与えてください」(千葉県・泌尿器科)、「COVID-19患者さんの受け入れの有無にかかわらず、医療機関は経営面も含めてかなり苦境に陥っています」(山梨県・精神科)、「新型コロナ感染者の治療に当たった医療従事者に対する誹謗中傷や差別的な扱いをした者に対して、人権侵害などの法的措置を講じる必要がある」(神奈川県・耳鼻いんこう科)、「コロナ患者を診るほど診療収入が減ってしまう」(愛知県・糖尿病内科(代謝内科))、「国や自治体からの経済的支援がもっとほしい」(大阪府・内科)といった、多くの悲痛の声が寄せられた。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ