まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

7月1日時点での就職内定率は? 前年同期比で2ケタのマイナス

イメージ
イメージ

 7月1日時点の大学生(大学院生除く)が前年同期比で2ケタのマイナスであることが、リクルートキャリア(東京)の研究機関・就職みらい研究所の「就職プロセス調査」で分かった。

 調査は、同研究所学生調査モニターの大学生・大学院生(大学生 752人/大学院生 301人)を対象に実施。7月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率は73.2%(前年同期比-11.9ポイント)と20年卒と比べ低くなった。しかし、学生が6月中に行った活動の実施率を見ると、「面接など対面での選考を受けた」が40.0%となり、5月中と比べて+18.6ポイントと大きく増加。緊急事態宣言解除の影響により対面での面接が徐々に増え始め、内定出しにつながっていることがうかがえる。

 内定率は前年と比べて約1カ月遅れで推移しており、今後も少しずつ増加していくと考えられる。一方で、例年、内定率が上がっていくとともに上昇していくのが内定辞退率。7月1日時点での内定辞退率は46.5%といまだ半数を超えてはいないが、前年のトレンドでは、7月から8月にかけて増加していくことが想定される。

 今年は新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の影響で、企業からは「選考がオンライン中心となり、まだ内定者と直接会えていない」という声も聞かれた。

 同研究所は、2020年卒の企業の採用活動と学生の就職活動の実態、2021年卒採用の見通しについて「就職白書2020」にまとめている。それによると、就職先企業に納得している学生と納得していない学生の間には、「自分に合っているかを検討するのに有効な情報が企業から得られたか」「企業が自分が本当にやりたいことをじっくり考えさせてくれたか」という点で違いがみられるという。同研究所は「相互理解を深めながら納得して進路を決めてもらうためにも、今後、内定者へのフォローが例年以上に重要になる」と指摘している。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ