まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

今、聴きたい「晴れやかソング」の投票結果を発表! 「ヤングマン」や「負けないで」などが人気

_prw_PI8lg_HyJsxIMc

 山野楽器(東京)は、緊急事態宣言下の時期にSNSや自社ホームページを通じて実施した“今、聴きたい曲”アンケートで、前回発表した「力をもらえる前向きソング」と併せ、「困難を乗り越えた時に、最初に聴きたい、または皆に聴いて欲しい曲=『晴れやかソング』」について投票を行った。「前向きソング」同様、日本全国の10~70代の男女1,218人の投票から、300を超えるさまざまな「晴れやかソング」が集まった。投票期間は4月17日~5月6日。

 特に投票数が多かったのは、第1弾「前向きソング」と同様に、アンケート時期に命日を迎えた西城秀樹ファンの人たちからの投稿。「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」のほか、「勇気があれば」や「若き獅子たち」などの曲にも数多く投票が集まった。

 また、サザンオールスターズ「東京VICTORY」、SMAP「世界に一つだけの花」、ZARD 「負けないで」といったJ-POPから、QUEEN(クイーン) 「We Are The Champions(伝説のチャンピオン)」や、映画『ライオン・キング』の「サークル・オブ・ライフ」、ベートーヴェン「交響曲第9番《合唱》、歓喜の歌」など、洋楽から映画音楽、クラシック音楽まで、さまざまなジャンルにわたって幅広い曲が人気を集めた。

 そして、投票者からは、それぞれの曲についてのコメントも寄せられた。ジョン・レノン(John Lennon) / 「イマジン(Imagine)」には、「ウイルスの次に来る憎しみは、人へ向かうと今言われてますが、人の垣根を超えて苦難を乗り越えた事を皆で喜びたい」(50代女性)、中島みゆき / 「時代」には、「今は誰にとっても本当に辛い状況だと思いますが、この曲の歌詞のように、『そんな時代もあったねといつか話せる日がくる』と、きっとくると、必ずくると、信じています」(30代男性)など、コロナ禍に関連したコメントも見受けられた。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ