まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

日本人はきれい好きと言うけれど 世界掃除アンケートで意外な結果に

イメージ
イメージ

 この結果は意外、と言ったら叱られるだろうか。11カ国で掃除に関するアンケートを実施したところ、きれい好きと言われる日本人は、家がきれいであることの重要度も掃除にかける時間も、他国を下回ることが分かった。

 清掃機器の大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社が、各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるために、ドイツ、フランス、イギリス、オランダ、ベルギー、ポーランド、ロシア、ブラジル、アメリカ、中国、日本の計11カ国の18~65歳の1万1,099人を対象に実施した調査。まず、「あなたにとって家がきれいであることはどれほど重要ですか」という問いに対して、全体の92%が重要、もしくはとても重要だと回答。中でもブラジル(98%)、ロシア(97%)が高く、逆に日本は平均値を下回る78%という結果に。家をきれいに保ちたいという意識はそれほど高くないようだ。

img_216463_1

 掃除に費やす時間が最も多いのは、ロシアの週4時間56分、次いでポーランドが3時間54分、3位がベルギーの3時間34分。日本はというとなんと最下位で1時間33分だ。

 掃除に使う道具は、ほうきやブラシといったアナログな掃除道具が人気で、回答者の8割が使用。国別に見ると、日本人の34%はコードレスタイプの掃除家電を使用しており、平均の23%を大きく上回る。イギリスではロボット掃除機の使用率が最も低く6%、中国では高圧洗浄機やスチームクリーナーが人気だった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ