まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

自宅で行うことが増えたのは? 料理の負担増で不満も高まる傾向に

イメージ
イメージ

 在宅時間が長くなれば、生活の中身にも変化が出る。Insight Tech(東京)の運営する「不満買取センター」が、「自宅で行うことが増えたこと」について調査したところ、 男性はテレビを見ること、女性は料理をすることが最も増えた行動だった。有効回答数は4,994件。

 全体のトップ3は、「料理をする」(58%)、「テレビを見る」(50%)、「掃除をする」(49%)の順。それらが増えた理由は「勤務日が減ったため」(28%)、「子どもが家に居るため」(28%)。男女別に見ると、男性は「リモートワークになったため」(32%)、女性は「子どもが家にいるため」(31%)がそれぞれ1位となった。

 自宅で行うことが増えた内容のうち、効果があったことの1位は「料理をする」(19%)だったが、不満だったことの1位も「料理をする」(21%)。女性(24%)は男性(11%)の2倍以上不満が高まっていた。具体的には「夫が家にいるので昼食をきちんと作るのが負担だった。子どもと自分だけなら前日の残り物などで済ませられるのに」(30代女性)といった声があった。

 これから外出してやりたいこと、行きたい場所を尋ねると、トップ3は、「温泉」、「外食」、「カラオケ」だった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ