まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

在宅で約半数が「間食増えた」 当初より乳製品食べる人が増加

イメージ
イメージ

 家にいると増えるもの、それはおやつ(と体重)だ。家にいる時間が増え、間食が増えたという人が半数近く(49.9%)いることが、「在宅期間中の間食に関する調査」(クロス・マーケティング・東京)で分かった。

 東京・埼玉・千葉・神奈川在住の20歳~69歳を対象にした調査。在宅開始当初と調査時(5月中旬)を比較すると、よく食べているのはチョコレートやクッキー、ビスケット、米菓などだが、やがて消費量は微減し、代わりに乳製品が増加していた。間食の食べ方は、既製品を買ってきてそのまま食べる(85.7%)人が最も多いが、お皿に移しかえて食べる(65.9%)、材料を買ってきて調理して食べる(19.6%)、などのほか、既製品を買ってきて一工夫(15.2%)、という人もいる。例えばアイスクリームに抹茶粉をかける、ヨーグルトにフルーツとチョコレートを砕いたものをのせる、パウンドケーキを買って、ブランデーをかけてアイスを添える、などだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ