まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

あなたの会社に社内失業者いますか? 多い職種は?

イメージ
イメージ

 エン・ジャパン(東京)が運営する人事向け総合情報サイト「人事のミカタ」は、サイト利用企業381社を対象に「社内失業」についてアンケート調査を行った。

 “社内失業”とは、労働者が正社員として企業に在籍しながら、仕事を失っている状態を指す。2011年の内閣府調査によれば、全国労働者の8.5%に当たる465万人が該当した。

 まず「“社内失業”という言葉を知っているか?」と聞くと、71%が「知っている」(内容を含めて知っている:38%、概要だけ知っている:33%)と回答。“社内失業”の意味を伝えた上で、「現在、社内失業状態の社員はいるか?」と質問したところ、29%が「いる」(いる:9%、いる可能性がある:20%)と答えた。業種別では「サービス関連」が37%(いる:8%、いる可能性がある:29%)が最多。企業規模別では従業員数「1000名以上」が47%(いる:7%、いる可能性がある:40%)と最も多く、大企業に社内失業者が相対的に多くなるのは当然かもしれない。

 現在、「社内失業者がいる」もしくは「社内失業者がいる可能性がある」と回答した企業に、社内失業者の属性(いずれも複数回答可)を聞くと、年代は「50代」(61%)がトップ。職種は「企画職(経営企画、広報、人事、事務ほか)」(46%)が最も多く、次点で「営業職」(営業、MR、人材コーディネーターほか)が30%。役職は「一般社員クラス」(71%)がトップだが、「マネジャー・管理職クラス」(36%)、「チーフ・リーダークラス」(27%)も一定数いた。

 社内失業者の発生要因(複数回答可)では、「該当社員の能力不足」(75%)が最も多く、「該当社員の異動・受け入れ先がない」(49%)がそれに続いた。今後の対応策を尋ねると、「該当社員への教育」(41%)が最も多かった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ