まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

「最終まですべてオンライン」は4割 オンライン面接を実施する企業が増加

business woman with laptop and cup of coffee

 外出自粛の影響で、テレワークと同じくらい導入が進んだのがオンライン面接ではないだろうか。ジェイ・エイ・シー・リクルートメント(東京)が企業336社にアンケート調査を行ったところ、「日常的に」もしくは「最近から」オンライン面接を実施している企業は70%に及ぶことが判明した。そのうち、「最近」オンライン面接を導入した企業は44%で、新型コロナウイルスの影響が採用活動にも大きく表れていることが分かる。オンライン面接のメリットとしては「面接のスケジュール調整のしやすさ」を挙げる企業が多く、中には「交通費負担がなくなり、コスト削減につながった」という声もあった。

 では、オンライン面接をどの程度活用しているかというと、「最終面接まですべて」オンラインで実施している企業も42%あり、面接といえば“対面”という概念が今後変わる可能性をうかがわせた。人物像がつかみづらいオンライン面接をする上での工夫としては、「面接官や面接回数を増やす」「対面の面接よりも質問数を増やしている」などの回答があった。また面接を受ける人への配慮としては、「背景を会社のショールームの画像にしている」「対面で面接を行う時よりも多くの情報提供を行うようにしている」などの工夫が挙げられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ