まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

テレワークに満足している人が6割 通勤ストレスがなくなるのがうれしい

イメージ
イメージ

 外出自粛が叫ばれる中でテレワーク化が進んでいるが、その実態はどうなのだろうか? エン・ジャパン(東京)は、ユーザーを対象に「テレワーク」についてアンケートを実施し、1万3,358人から回答を得た。

 まず、「テレワークという働き方を知っているか?」との問いに、「言葉も意味も知っている」は81%と、昨年(30%)よりも大幅に増加。「現在勤めている会社にテレワーク制度はあるか?」と聞くと、「ある」は28%で。そのうち65%が「新型コロナウイルス対策として導入された」と回答した。

 「テレワークの制度を使って働いたことはあるか?」との質問には、17%が「ある」と回答。昨年より14ポイント増加している。「テレワークの制度を使って働いたことがある」人に、テレワークという働き方を選んだ理由を尋ねると、「コロナウイルス感染拡大など、非常事態だったから」(67%)が最も多い。

 また、テレワークで働く前の不安について質問したところ、トップ3は「会社にいる時と同じ成果を出せるかが不安」(45%)、「仕事とプライベートをハッキリ分けられるのか不安」(43%)、「同僚や上司と顔を合わせて意思疎通できない不安」(34%)となった。

 年代別に見ると、20代は「同僚や上司と顔を合わせて意思疎通できない不安」が高く(20代:46%、30代:43%、40代以上:39%)、30代は「仕事とプライベートをハッキリ分けられるのか不安」(同:46%、51%、41%)、40代以上は「情報のセキュリティ管理が不安」(同:19%、19%、23%)に、他の年代より多く回答が集まった。

 一方、テレワークの満足度については、6割が「満足」(とても満足:25%、やや満足:36%)と回答した。「今後、テレワークで働きたいと思うか?(働いたことがある人は、引き続き働きたいと思うか?)」と聞くと、テレワークで働いたことがある人は68%、テレワークで働いたことがない人も59%と、半数以上が「働きたい」と思っているようだ。その理由として「通勤ストレスがなくなるから」(84%)、「予期せぬ災害など、非常時にも業務を行えるから」(42%)、「業務に集中できて生産性が上がるから」(40%)が多く挙げられている。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ