まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

コロナで受験勉強に「支障あり」は8割 受験方法を見直す高校生も

イメージ
イメージ

 今年の受験生は、長引く学校の休校措置に加え、塾も対面授業を中止しているところが多いから、例年以上に受験に対する不安が大きいだろう。ODKソリューションズ(大阪市)は、入試を控えた高校3年生200人を対象に、「受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査」を実施した。最初に、「新型コロナウイルスの影響による不安」があるかどうかを聞いたところ、93.5%の高校生が「不安がある」と回答。「受験勉強に支障が出ている」と回答した人も78.0%に上った。具体的に感じている不安は、「学校ごとの対応の差による勉学への影響」(63.1%)、「試験の中止・延期の可能性」(60.4%)、「家での学習」(59.4%)、「大学のオープンキャンパスに参加できない可能性」(58.3%)、「受験までのスケジュール管理」(57.8%)などとなった。

main

「受験方法の見直し」を検討している人は28.5%。そのうち、「AO入試」「推薦入試」を検討している人が各6割おり、「志望校のレベルを下げる」ことを検討している人も4割強いた。例年なら春休み前後に実施される全国模試も、自粛されているところが多いはず。自分の勉強の進捗状況に加え、全体で見て自分がどの辺りの位置にいるかが分からないと志望校を決められないという人もいるだろう。学校や塾が再開した際には、いつも以上のサポートが求められる。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ