まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

「大辞泉が選ぶ新語大賞2020」 あなたの考える新語・新語義を応募しよう!

_prw_PI1lg_3hrUM072

 小学館の国語辞典『大辞泉』編集部は、5月18日のことばの日を記念し、「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」キャンペーンを開始した。

 このキャンペーンでは、新しい言葉(新語)や今までにない新たな言葉の使い方(新語義)を一般から広く募集し、月ごとに発表。12月にはそれらの中から「大辞泉が選ぶ新語大賞」を選定し、2020年を象徴する新しい言葉として発表する。

 「大辞泉が選ぶ新語大賞」は、「大辞泉」が昨年まで実施していたキャンペーン「あなたの言葉を辞書に載せよう。」のスピンオフ企画として2016年にスタート。 5回目となる今年も、5月18日「ことばの日」から11月15日までの約半年間にかけて、一般の方からの投稿を大募集! 投稿されたものの中から、編集部が毎月「月間賞」となる新語を発表。さらに12月にはその中から「大辞泉が選ぶ新語大賞」を選定し発表する。

 過去の大賞は【トランプ‐ショック】等、その一年を代表する言葉ばかりでなく、【空白恐怖症】といった独特な視点からの選出もあり、ひと味違った新語選定キャンペーンとして、毎年各メディアから注目を集めている。

 なお、キャンペーン参加賞品として、期間中毎月30人に抽選でアマゾンギフト券500円分をプレゼント(合計180人)。また新語大賞に選ばれた言葉の投稿者からは、抽選で1人にアマゾンギフト券1万円分をプレゼントする。

 ちなみに、昨年は1,927本の投稿から大賞を選出。消費税増税から派生した新語【イートイン脱税】が選ばれ、【闇営業】と【にわかファン】が次点だった。

【イートイン脱税】

 食品を持ち帰り税率の8パーセントで会計して、イートインで食べること。本来であればその場で食べる場合は税率10パーセントで会計しなければならない。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ