まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

派遣を辞めたいと思った人の割合は? 理由はやっぱり収入&待遇格差

イメージ
イメージ

 ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、派遣社員として働いたことのある全国の男女596人を対象に、「派遣を辞めたいと思う理由に関する調査」を実施した。

 まず、「派遣を辞めたいと思ったことがあるか?」と質問したところ、7割以上に当たる418人が「ある」と回答。男女別で見ると、辞めたいと思ったことがある人の割合はほぼ同じだった。派遣においては、男性は軽作業などの肉体労働、女性はオフィスワークを好む傾向があるが「派遣を辞めたい」と思う割合は、職種や性別には関係しない。

 それでは、派遣を辞めたいと思ったことがある418人に「なぜ辞めたいと思ったのか」質問したところ、最も多かったのは「収入面への不満・ボーナスがない」(84人)で、以下「正社員との待遇の差」(77人)、「正社員からの風当たり・疎外感」(53人)、「雇用が不安定」(48人)、「やりがいがない」(43人)と続いた。回答者からは、「同じ仕事をしても正社員と評価が異なったり、名前を覚えてもらえず『派遣さん』とずっと呼ばれたりすると虚無感に襲われる」(30代 男性)、「派遣先の正社員が昇給やボーナスの話をしているとき、自分の働き方を考えてしまう」(40代 女性)といった声が上がった。

 一方、派遣を選んだ理由で最も多いのは「働き方の融通がきく」(146人)で、「正社員になれなかった/転職のつなぎ」(123人)、「入社のハードルが低い/すぐに働ける」(74人)、「時給が良い」(73人)、「気楽で責任がない」(69人)、「経験が積める」(57人)、「期間限定で働ける/辞めやすい」(53人)と続いた。ほかに選択肢がないため仕方なく、または一時的な収入源として派遣の仕事を選んでいる人も少なくない。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ