まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

日本産トキと共に絶滅していた 相利共生のトキウモウダニ

イメージ
イメージ

 ダニ、というと駆除の対象として語られることが多いが、彼らとてもちろん、節足動物の一員として生態系を支えている。最後の日本産のトキが死亡したのは2003年だが、それと共に、トキウモウダニというダニも絶滅していたことが、法政大学の調査で分かった。

 ウモウダニは、鳥にとって良い働きをする”相利共生”のダニ。環境省のレッドリスト見直しに係る現地調査の一環で、国産トキで1995年に死亡した「ミドリ」と、最後の日本産個体で2003年に死亡した「キン」の羽を調べたところ、トキウモウダニとトキエンバンウモウダニが確認された。ところが、99年以降に野生復帰した中国由来のトキで見つかったのは、全部トキエンバンウモウダニ。日本産トキの絶滅とともに、トキウモウダニも絶滅していたらしい。

 この調査を受けて、環境省レッドリスト2020でのトキウモウダニのランクは、野生絶滅から絶滅に変更された。ある生物が絶滅すると、その種と関わり合ってきた他の生物も同時に失われてしまうという例となってしまった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ