まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

7割超が「出産前の体型に戻らない!」 医師が勧める産後体型戻しの三つの秘訣は?

イメージ
イメージ

 新しい命を授かり、おなかの中で赤ちゃんが育って、おなかが大きくなって…。その赤ちゃんがこの世に誕生しておなかから出てきたから、おなかがへこんで体型が戻る、というわけではない! 体重は戻ってもボディラインが…というママも多数。そんなママたちに、内科・皮膚科の医師で、3児の母でもある友利新(ともり・あらた)先生が伝授する三つの「産後の体型戻しの秘訣(ひけつ)」とは?

 妊娠・出産・育児の情報の「ベビカム」を運営するベビカム(東京)と、ワコール(京都市)は共同で、2月にベビカム会員627人を対象に「産前産後の体型管理とスキンケア」に関する調査を実施。「出産後、出産前の体型に戻ったと思いますか?」と聞いたところ、 回答者563人のうち「ほとんど戻った」と答えた人は27.0%と、3割に満たず。また、「産前・産後でからだの変化を感じていますか?」と聞いたところ、622人中約9割(89.7%)が感じていると回答。回答者558人が変化を1番感じているのは、「体型・ボディライン」(80.3%)、次いで「髪質・抜け毛」(58.4%)だった。

sub1

 一方で、「体型を戻すために対策をしたか?」については、対策をしたママは55.2%。残りのほぼ半数が何の対策もしていなかった。産後は当然赤ちゃんのお世話に追われ、自分に気を配る余裕がないというのが大きな理由のようだ。

 皮膚科医で3児の母(5歳・3歳・5カ月)、医師の立場から美容と健康を医療として追求し、雑誌・T Vなどで活躍中の友利先生は、体型管理について「理想を求めない」「人と比べない」「過度な運動はしない」の三つを提唱。忙しい生活の中では、「しない」ことを決める一方で、腹筋を意識するためにガードルをはいたり、ボディラインをきれいに見せるために、サイズの合った下着をつけたりなど、無理なくできることをきちんとすることをアドバイスしている。

 ワコールでも、サイズや形に大きな変化が起こるバストを優しく包み込む、産前・産後兼用のノンワイヤーブラジャー、妊娠・出産で大きな負担がかかっている骨盤周りを支えるベルト、気になる下半身のたるみを引き上げてスリムなシルエットを作るガードルなどを展開している。なかなか運動をする時間が取れない子育て中だが、こんな自分をいたわるグッズも利用して、背筋をシャキッと、楽しい気持ちで赤ちゃんのお世話をしたいもの!

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ