まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

季節の変わり目の肌の不調に 美肌マニアの対処法

イメージ
イメージ

 季節の変わり目は体調を崩しやすい。それは肌も同じ。肌の調子が悪いからそれをカバーするために化粧を念入りにし、それが肌荒れを助長する、なんていう悪循環に陥ることってない? マインドウェイブ(大阪市)は、美肌マニア1,087人を対象に「注目の美肌成分」についてアンケート調査を実施した。

 最初に、「季節の変わり目による肌トラブルの対策をしているか?」と尋ねたところ、84.8%が「はい」と回答。やはり美肌マニアだけにスキンケアには十分気を使っている様子だ。では、具体的にどのような対策を取っているかというと、一番多かったのは「いつもより念入りに保湿する」(45.6%)。次いで「睡眠を多く取る」(15.8%)、「スキンケア用品を変える」(14.1%)、「泡で優しく洗顔する」(13.5%)となった。

main

 “美肌菌”というワードがあるそうだが、その単語を聞いたことがある人は約半数の55.8%(607人)。そのうち、美容のために「菌活」をしている人は71.2%にも及んだ。どのような菌活をしているかというと、「乳酸菌系サプリを摂取する」が最も多く37.4%。「スキンケアアイテムに取り入れる」(35.5%)、「発酵食品を意識して取り入れる」(25.8%)と続く。ちなみに美肌菌とは、表皮ブドウ球菌という常在菌のバランスを整え、肌のバリア機能を高めて肌トラブルの少ない健やかな肌へ導いてくれる菌のことを指すという。菌活のメリットとしては、「ターンオーバーを早めてくれる」「身体の内側からきれいになれる」などの意見が挙がった。

sub1

 最後に「普段から意識して取っている食品」(複数回答)を聞くと、一番は「ビタミンが多く含まれているもの」(62.7%)に。以下、「発酵食品」(56.7%)、「ミネラルが多く含まれているもの」(37.0%)、「タンパク質が多く含まれているもの」(30.8%)と続いた。食品に気を使うことで、「肌のキメが細かくなった」「ターンオーバーが安定している」「肌荒れが減った」と実感する人もいるようだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ