まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

詐欺トラブルの被害についての調査 なんと5人に1人が経験あり!

イメージ
イメージ

 「詐欺トラブルの被害に遭ったことがある人が約5人に1人もいる」という結果が、GV(東京)が運営する、お金の情報サイト「まねーぶ」による調査結果で出た。詐欺トラブルは、思っているより身近な問題なのかもしれない。

 全国1,000人に詐欺トラブルの被害経験について調査し、うち被害ありと回答した190人を対象に実態調査をした結果だ。

 詐欺トラブル被害で最も多いのは「副業・情報商材詐欺」で31件の回答があり、平均被害額は13万3,333円だった。次いで多かった被害は、「ワンクリック詐欺」(28件・平均被害額6万1,875円)、「名義貸し・契約詐欺」(21件・平均被害額253万6,667円)と続く。ちなみに、最高被害額は「名義貸し詐欺」による1,000万円、最低被害額は「チケット売買詐欺」による3千円、という結果だった。

 詐欺トラブル内容の内容・件数・平均被害額の上位5項目は以下の結果だった。

副業・情報商材詐欺:31件 平均被害額 13万3,333円

ワンクリック詐欺:28件 平均被害額 6万1,875円

名義貸し・契約詐欺:21件 平均被害額 253万6,667円

チケット売買詐欺:17件 平均被害額 3万4,600円

オークション・フリマアプリ詐欺:17件 平均被害額 2万7,000円

 「詐欺に遭ってしまったかも?」と思ったら、警察相談ダイヤル「#9110」へ。110番するほどの緊急性はないけれど警察に相談したいときにも、気軽に相談できる。また、消費者庁が設置している「188」(消費者ホットライン)や各地の消費生活センターに相談する方法もある。ネット全盛の時代、ワンクリックやフリマに関する詐欺は誰でも引っ掛かるリスクがあり、「自分は大丈夫!」という思い込みは危ない。十分に注意したいものだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ