まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

テレワーク実施企業の割合は? システム導入は道半ば

イメージ
イメージ

 日本情報経済社会推進協会(東京)とアイ・ティ・アール(東京)は、国内企業878社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に、共同で「企業IT利活用動向調査2020」を実施した。働き方改革でテレワークの推進が言われる中、最近では新型コロナウイルス対策として導入する企業が多いが、実態はどうなのだろうか?

 調査によると、働き方改革を経営目標として掲げている企業は45.8%と半数近くに達しており、検討中を含めると約8割に達した。しかし、テレワーク制度や在宅勤務制度を整備している企業はともに3割を下回り、検討中の企業を含めれば5割強。また、働き方改革に伴うシステム導入について見ると、実施中とする企業は3割弱、検討中が3割強という状況にあり、実施に向けては道半ばの状態となっている。

 

2_normal

 一方、システムのクラウド化の状況を見ると、クラウドサービスを利用している企業は9割近くに上っているが、その利用範囲は一部のシステムが約半数を占めた。続いて、半分程度のシステムで利用している企業は18.1%、大半のシステムが15.4%、全システムでクラウドサービスを利用している企業は3.5%にとどまっている。クラウド利用が有益であることは認識されていながらも、一部のシステムでの利用であるのが実態のようだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ