まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

大学4年生と社会人1年生 貯蓄の考え方が大きく変わる!

イメージ
イメージ

 GMOあおぞらネット銀行(東京)は、大学4年生500人と社会人1年生500人の計1,000人を対象に、「貯蓄事情」と「銀行選び」に関する調査を実施した。

 まず、現在の貯蓄額を聞いたところ、大学4年生では「10万円~30万円未満」(23.4%)に最も多くの回答が集まった。一方、社会人1年生では「0円(貯蓄はない)」(13.2%)や「10万円~30万円未満」(14.2%)、「50万円~100万円未満」(15.8%)、「100万円~300万円未満」(20.0%)などに回答が分かれ、社会人1年生は貯蓄できる人とできない人の差が生じやすいようだ。

 

 貯蓄をしている人(890名:大学4年生456人、社会人1年生434人)に、貯蓄をしている理由を聞いたところ、大学4年生では、1位「旅行資金のため」(33.8%)、2位「収入が途絶えたときのため」(30.3%)、3位「病気など万が一のときの備えのため」(20.8%)となった。社会人1年生では、1位「収入が途絶えたときのため」(39.6%)、2位「老後の生活資金のため」(34.6%)、3位「病気など万が一のときの備えのため」(34.1%)と目的に差が生じている。

img_207217_1

 どの銀行の口座を持っているかとの問いには、大学4年生と社会人1年生のどちらも1位「ゆうちょ銀行」(大学4年生62.0%、社会人1年生60.8%。以下同順)、2位「地方銀行」(42.0%、43.6%)、3位「都市銀行」(37.8%、38.8%)という結果に。また、4位は「ネット銀行」(18.6%、20.2%)で、約5人に1人がネット銀行の口座を持っている。

 今利用している銀行を選んだ理由は、大学4年生・社会人1年生とも「家族が使っていたから」が多い。銀行口座の使い分けについて質問すると、大学4年生では「使い分けしている」は42.4%、「使い分けしていない」は57.6%となったのに対し、社会人1年生では「使い分けしている」は53.6%で、半数以上が口座の使い分けをしていると回答した。

 さて、世の中はペーパーレス時代。そうした中で、銀行の紙の通帳は必要だと思うか聞いたところ、「必要だと思う」と回答した人の割合は、大学4年生では55.4%、社会人1年生では54.8%、「必要ではないと思う」と回答した人の割合は、大学4年生では44.6%、社会人1年生では45.2%だった。

 今後、“口座維持手数料がかかるようになるかもしれない”という話題を見聞きしたことがあるか聞いたところ、「見聞きしたことがある」と回答した人の割合は、大学4年生では48.0%、社会人1年生では46.6%。メインで利用している銀行が口座維持手数料を導入した場合、その銀行の利用をやめると思うか聞いたところ、「やめると思う」と回答した人の割合は、大学4年生では58.6%、社会人1年生では57.4%と、どちらも約6割となった。振り込み手数料の値上げについても、いずれも半数近くを「やめる」が占めている。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ