まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

臨時休校で子どもたちの居場所はどうしてる? 小学校低学年は「子どもだけで留守番」も3割以上!

イメージ

 新型コロナウイルス防止に伴う休校措置で、ママたちは子どもたちの居場所を、どう確保しているのだろうか。C Channel(東京)が運営するママ向け動画メディア「mama+(ママタス)」の、ママを調査する「mamatas labo(ママタスラボ)」では、新型コロナウイルス防止に伴う休校措置について、アンケートを実施した。対象者は子どものいる女性で、有効回答数は1,388人。

 まず、新型コロナウイルス対策による臨時休校を評価するかという質問には、「評価する」が21.0%、「評価しない」が20.1%とほぼ同数。最も多かったのは、「一部不満はあるが評価する」(58.9%)だった。

 有職女性(回答数459人)に対して臨時休校にどのように対処する予定か聞く(複数回答)と、「子どもだけで留守番」(43.8%)、「子どもを預ける」(41.0%)、「仕事を休む」(22.9%)、「その他」(17.8%)、「テレワーク」(2.2%)、という結果に。

 さらに質問の対象者を小学校低学年(1~3年生)の親(回答数304人)に限定すると、「子どもを預ける」(53.0%)、「子どもだけで留守番」(34.9%)、「仕事を休む」(27.0%)、「その他」(16.8%)、「テレワーク」(2.3%)と、子どもを預けるというママが多いようだ。

 では、預けると回答した小学校低学年のママたちは、どこに子どもを預けるのだろうか。預け先を聞く(回答数161人)と、最も多かったのは「祖父母・親戚」(44.7%)で、「学童」(41.6%)がそれに続いた。

 一方、「子どもだけで留守番」と回答した小学校低学年のママたち(回答数106人)に、その理由を聞くと、「預け先がないから」(59.4%)、「子どもだけで大丈夫だから」(31.1%)、と答える人が多かった。同じママたちに、子どもだけでの留守番について聞くと、最も多かったのは「たぶん大丈夫だが、不安がある」(73.6%)。「とても不安」は21.7%で、「心配していない」も4.7%いた。

 預け先があるママはラッキーだが、預け先がない場合は、不安を抱えながら子どもだけで留守番させるか、収入保障や職場への迷惑を心配しながら仕事を休むか、究極の選択に迫られるママも多いはず。この新型コロナウイルスの騒ぎ、早く収まってほしいものだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ