まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

生まれた直後と1歳の写真は特に多い!? 写真整理はオーソドックスな方法が人気

イメージ
イメージ

 アルバム作成アプリ「ALBUS(アルバス)」(ROLLCAKE・東京)が、未就学児を育てるママたちに、「子どもの写真整理」に関する調査を行ったところ、子どもの写真を整理しなければならないと感じながら、時間が無かったり整理の方法が分からなかったりする人が多くいるようだ。

 調査は、2~6歳の子どもがいて現在子どもの写真整理をしていないママ441人を対象に、インターネットを通じて実施。まず、「子どもの写真を整理しなければならないと感じていますか」と尋ねたところ、「感じる」が74.8%、「感じない」が25.2%だった。

sub1

 「感じる」と答えた人330人に、その理由(複数回答)を尋ねると、トップは「将来成長した子どもが見返せるようにしたいから」(65.5%)。僅差の2位と3位は、「家族で見返したいから」(54.2%)、「写真データが消えてしまうかもしれないから」(53.6%)だった。「将来成長した子どものパートナーに見せたいから」(11.8%)、「子育てをサボっているように感じるから」(9.7%)などの答えを選んだ人もいた。

 同じく330人に、子どもの写真整理をしなければならないと最初に感じた時期を聞くと、一番上の子どもが「1歳」の頃がダントツトップで34.5%。次いで「生まれてすぐ」が17.9%だった。初めての子が生まれた直後、そして、あんよや片言のおしゃべりも始まり、毎日見ていても成長がはっきりと分かる1歳の頃は、子育ての中でも特に印象深い時期。たくさんの記録を残したくなるのがもっともだ。

sub2

 それにもかかわらず写真整理ができていない理由は、1位「時間がないから」(55.3%)、2位「どのように整理したらよいか分からないから」(42.4%)、3位「面倒くさいから」(38.3%)。「今後やってみたい写真整理方法」は、1位「写真アルバムとして整理したい」(42.9%)、同率の2位は「フォトブックとして整理したい」、「スマートフォンやタブレット端末上で整理したい」(21.5%)だった。面倒に感じがちではあるが、オーソドックスな「写真をプリントしてアルバムで整理し、めくって眺める」方法は、やはり人気が高いようだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ