まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

どうせ働くのなら楽な方がいい! 楽に感じる派遣の仕事についての調査

イメージ
イメージ

 どうせ働くなら、少しでも楽な仕事を──そう思っている人は多いだろう。そこで、ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、全国の派遣経験者1,000人を対象に「楽な派遣の仕事についてのアンケート調査」を実施した。

 1,000人の性別内訳は、男性343人、女性657、年齢層は多い順に、30代(40.2%)、20代(32.7%)、40代(20.4%)、50代(4.2%)、10代(1.8%)、60代以上(0.7%)

 まず、派遣の仕事をする際に「時給が安くて楽な仕事」と「時給が高くて大変な仕事」なら、どちらを選ぶかという質問をすると、「時給は安くてもいいから楽な仕事をしたい」と答えた人が50%となった。

 「どのような派遣の仕事を楽と感じるか」の質問に対して回答数が多かった上位5つをランキング化すると、「単純作業」(564人)がダントツの1位。2位以下に3倍以上の差をつけた。以下、「責任がない」(145人)、「人との関わりがない」(79人)、「体力を使わない」(49人)、「自分のペースでできる」(37人)と続いた。

 一方、「これまで経験した中で一番楽だった派遣の仕事は何か」の質問に対して、回答数が多かった上位5つのランキングは「軽作業」(286人)、「一般事務」(131人)、「データ入力」(64人)、「イベントスタッフ」(63人)、「テレオペ・テレアポ」(36人)となった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ