まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

コロナウイルスが最初に報道されたのはいつ? 実はあの頃から報じられていた!

イメージ
イメージ

 トドオナダ(東京)は、自社開発モニタリングクラウドサービス「Qlipper」を使用し、コロナウイルスに関する記事について調査した。

 それによると、コロナウイルスの最初の報道は2019年12月31日13時41分。死者の話題は1月20日に発生、現在までのピークは2月14日だった。WHOに関する記事は1月8日から目立ち始め、1月23日からより活発化している。1月30日まで武漢の話題が多く、以降は中国の他の地域の話題に広がった。

 一方、クルーズ船は1月21日から記事が出現する。当初は中国当局が発行する「健康カード」をクルーズ船に適用するというものだった。プリンセスクルーズの記事は2月2日に香港の感染者がクルーズ船で来日したことから始まり、その後増え続け2月20日には1日の記事数が1000件を超えている。

 アメリカについてはインフルエンザの話題と同時に掲載されることが多く、株価や円安など経済の話題も多い。マスクについては、1月15日から中国国内のマスク不足が報じられ、その後日本からの支援物資に対する感謝の記事へ変遷した。1月31日から日本国内のマスク不足が目立つようになり、その後転売に関する記事が増えている。

 リモートワークについては、1月26日のIT企業の在宅勤務報道を皮切りに増加。それまでは小泉環境相の育休に伴うリモートワーク対応など、コロナウイルス以外の話題が多かった。

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ