まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

お金をためるコツとは? 1,000万円以上貯金している人たちに聞いてみた

Bill

 GV(東京)が運営する、お金の情報サイト「まねーぶ」は、全国20代~40代の貯金1,000万円以上保有者(夫婦で保有している人も対象)500人を対象に、貯金に関する調査を実施した。しっかり貯金している人たちは、どのように考え、そしてためたのだろうか?

 回答者の属性は以下の通りだが、この属性を見るだけでも、必ずしも収入が多い人が貯金しているとは限らないことが分かる。

性別 :男性46%/女性54%

年代 :20代12%/30代48%/40代40%

婚姻・子供:未婚・子なし33%/未婚・子あり3%/

既婚・子なし20%/既婚・子あり44%

職業 :正社員67%/契約社員・嘱託社員3%/

派遣社員2%/パートタイマー・アルバイト9%/

業務委託契約1%/自営業・自由業4%/専業主婦13%/無職1%

個人年収 :100万円未満17%/100万円以上~150万円未満2%/

150万円以上~300万円未満10%/

300万円以上~500万円未満30%/500万円以上~700万円未満27%/

700万円以上~1,000万円未満9%/1,000万円以上5%

世帯年収 :150万円以上~300万円未満1%/300万円以上~500万円未満17%/

500万円以上~700万円未満32%/

700万円以上~1,000万円未満24%/1,000万円以上26%

img_206100_1

 回答者の現在の貯金額について、最も割合の多かった回答が「1,000万円以上~1,500万円未満」(67%)、次いで「1,500万円以上~2,000万円未満」(15%)と、1,000万円~2,000万円で8割以上を占め、平均値は1,532万円、中央値は1,200万円という結果だった。ちなみに、この調査での最高貯金額は8,000万円!

 貯金額1,000万円を達成するまでの期間については、「7年以上~10年未満」と「15年以上」が26%の同率1位で、平均11.4年という結果に。7年以上の回答がおよそ8割を占めていることから、長期間で堅実的にためていることがうかがえる。

img_206100_2

 毎月の貯金額については、「10万円以上~20万円未満」が54%と最も多く、回答者の半数以上が毎月10万円以上を貯金に充てていることが明らかとなった。次いで、「5万円以上~10万円未満」26%と続き、毎月の貯金額の平均値は12万1,450円、中央値は10万円だった。

 次に、毎月の収入(世帯収入含む)から貯金に充てる割合については、「1割以上~3割未満」が47%と最も多く、次いで「3割以上~5割未満」30%と続き、平均3.3割という結果に。調査結果からは、生活費を削減して計画的にためている人が多いことが分かる。

 貯金の保管・管理については、「貯蓄用口座に分けて貯金」(366件)が最も多く、次いで「生活口座にそのまま貯金」(172件)、「財形貯蓄」(97件)という結果だった。

 また、貯金の方法については、「毎月の余ったお金を貯金」(276件)が最も多く、次いで「先取り貯金」(162件)、「積立定期預金」(154件)と続く。1位以降の回答に大きな差はなく、各々の生活スタイルに合わせて貯金している。

 貯金額1,000万円達成の理由としては、「貯金用口座を分けているため」(243件)が最も多く、次いで「給料から先取貯金をしているため」(207件)と続き、“貯金用口座”と“先取貯金”が成功の秘訣(ひけつ)のようだ。

 なかなかお金がたまらないと嘆いているあなた、参考になっただろうか。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ