まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

フランス最高齢議員、引退へ 13期75年務め上げ

ヌーヴェル・アキテーヌ地方
ヌーヴェル・アキテーヌ地方

 3月中旬に実施されるフランスの統一地方選挙で、75年間議員を務めたフランス最高齢の議員が引退を表明、出馬しないことを明らかにした。「人生、理をわきまえねばならない。私の次期出馬は理にかなわない。若者にこの場を譲りたい」という100歳の言葉が、国中を駆け巡った。

 引退を表明したのは、フランス中西部ヌーヴェル・アキテーヌ地方にある人口246人の小さな村、レ・グラン・シェゾーの村議会議員で第一助役のルイ・ドニーさん。レクスプレス誌やウエスト・フランス紙など地元メディアによると、ドニーさんは1919年10月生まれの100歳。第二次世界大戦が終わった1945年、フランスで最初に女性参政権が認められた年の選挙で議員に選出されてから75年間、議員を務めた。フランスの市町村議会議員選挙は6年改選だから、ドニーさんは13期務め上げたことになる。村長に推されたこともあるが固辞、ずっと議員として「村の羅針盤だった」と助役のアンドレ・エロー氏はその功績を称える。ドニー氏は政策を検討するために一人暮らしの村民をよく訪ねた。「良いアイディアは実はそういう人々から出てくるんだ」とドニー氏。「常に人の声を聞く政治家。それが彼の力の源だった」とエロー氏も言う。「あまり熱意がないように見えることもある若い議員に比べて、彼はいつでも新しい政策に情熱を燃やしていたよ」。

 「村の歴史のページがめくられる。ちょっと困惑しているけれどね」とエロー氏。シェゾー村では、72歳の村長、ジャック・デュフォール氏も同時に引退を表明している。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ