まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

3年後も勤務していると思う若手社員の割合は? 決め手はやっぱり給料!

a pay envelope

 リスクモンスター(東京)はこのほど、第3回「若手社員の仕事・会社に対する満足度」調査を実施、結果を発表した。調査対象は、新卒入社1~3年目の男女600人。

 最初に「当面3年間の仕事・会社に対する勤続意欲」を調査したところ、「3年後も勤務し続けていると思う(以下、3年後も勤続)」(53.0%)が「3年後は勤務し続けていないと思う(以下、3年以内に退職)」(47.0%)を上回る結果となった。前回調査と比較すると、「3年後も勤続」は4.0ポイント増加しているものの、依然として半数が3年以内の退職を意識している様子だ。

 男女別では、男性は「3年後も勤続」(61.3%)の方が多いのに対して、女性は「3年以内に退職」(55.3%)の方が多くなっている。また、入社年次別では、全ての年次において「3年後も勤続」(53.0%)が過半数となった。

 勤務先の売上規模別で見ると、「3年後も勤続」と回答した割合は、「10億円未満」(49.8%)、「10億円以上100億円未満」(同55.3%)、「100億円以上」(57.7%)と、勤務先の規模が大きくなるにつれて勤続意欲が高まる傾向がある。

 「当面1年間の仕事・会社に対する勤続意欲」を聞くと、全体の約3割が「1年後は勤務し続けていないと思う(以下、1年以内に退職)」(29.0%)という結果に。男女別、入社年次別、勤務先の規模別に見ても全ての層で「1年以内に退職」と回答する割合が高く、男性の4人に1人、女性の3人に1人は、1年以内の退職を考えていることが分かった。

 「3年後も勤続」を選択した理由としては、1位が「福利厚生が充実しているから」(32.7%)、2位が「勤務時間や休日が自分に合っているから」(30.5%)、3位が「給料が良いから」(28.0%)という結果に。男女別では、男性が「給料が良いから」(34.8%)、女性が「女性が働きやすいから」(16.4%)という回答が高くなっている。

 反対に、「3年以内に退職」と選択した理由の1位は「給料が低いから」(46.1%)となり、前回調査に続いて圧倒的に多かった。2位は「仕事にやりがいを感じないから」(29.4%)、3位は「最初から転職するつもりだから」(20.6%)。給料が一番の決め手となっているようだ。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ