まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

ワクチンを打った人は少数派 インフルエンザに関する調査

イメージ
イメージ

 日本トレンドリサーチ(NEXER・東京)は、今シーズンの「インフルエンザ対策」について意識調査(集計対象人数1,086人)を実施した。中国で新型のコロナウイルスの感染拡大が続いているが、これらの報道の陰で注目度は低いながら、インフルエンザが猛威を奮い続けている状況だ。

 そうした中で、今回の調査では、インフルエンザの予防接種をしているか否かを聞いたが、実施率はなんと、30.7%。これだけはやっているのにもかかわらず、7割の人が予防接種を受けていない実態が明らかになった。

 「受けていない」と回答した人にその理由を聞くと、予防接種自体を「必要ないと思っている」という回答が最も多く、62.4%。次いで「お金がない」が15.8%だった。

 新型肺炎の対策として、中国ではマスクが飛ぶように売れているそうだが、「外出時にマスクを着用している」と回答した人は39.5%。インフルエンザの予防接種よりは1割程度多い結果となった。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ