まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

AIによる桜の開花・満開予想 最も早い3月19日と予想された場所は?

イメージ
イメージ

 島津ビジネスシステムズ(京都市)は、運営する気象情報アプリ及びWebサイト「お天気JAPAN」上で、AI(人工知能)を用いた桜の開花・満開予想サービス「AIさくら予想」を無料提供している。そこで、北海道、奄美沖縄地方を除いた各都道府県のお花見スポット1006ヵ所を対象とした桜の開花・満開予想を発表した。

 AIによる予想では、2020年は、九州~東海・北陸地方では桜の開花、満開ともに平年並みかやや遅めとなるところが多く、関東甲信~東北地方では、平年よりもやや早めとなるところが多い見込み。各地の開花は、東京が3月19日(平年より7日早い)、名古屋が3月27日(平年より1日遅い)、大阪が3月30日(平年より2日遅い)、京都が3月26日(平年より2日早い)で、最も開花が早いのは東京で3月19日、最も開花が遅いのは青森で4月23日と予想している。

AIさくら予想開花予想マップ(2020.1.23時点)
AIさくら予想開花予想マップ(2020.1.23時点)

 「AIさくら予想」は、桜の開花や気象などに関するビッグデータをAIに学習させることで、「咲き始め(開花)」から「終わり」まで6段階の状態を予想するサービス。全国1,000会場から10年間にわたり収集された桜の開花状況に関するデータ約98万件、1998年以降に全国のアメダスから収集された約10万件の気象観測データなどを使用し、桜の「休眠」、「休眠解除」、「花芽発育」の各ステージと、気温をはじめとする気象の変化パターンの関係をAIに学習させることで独自の予想を行い、毎日最新のデータに更新される。

 今シーズンの開花予想では、昨シーズンのAIモデルに2018年のデータを学習させ、さらなる改良を行った。2019年の開花データを基に改良前と改良後のAIモデルの精度比較を行った結果、改良後のAIモデルでの±2日以内の適中率は62%となり、改良前のAIモデルから9ポイントの精度向上を達成した。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ