まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

地域の幸福度や定住意欲を調査 SDGsトップの市は川越市

Sustainable Development Goals. Linear style icons

 世界中で取り組みが進むSDGs(持続可能な開発目標)には、貧困やジェンダーの平等、環境問題などさまざまな課題がある。地球全体というマクロな目標の達成には、まず「地域住民」というミクロな視点での地固めが必要だ。そこで、少子高齢化や地域の疲弊が大きな課題となっている日本の各地域の現状はどうなっているか、「市版SDGs調査2020」を実施したところ、最もSDGsの値が高かったのは埼玉県川越市だった。調査を行ったのはブランド総合研究所(東京)で、有効回答数は13,753人。

 全国の政令指定都市、中核市、県庁所在市の83市を対象に、市民の生活についての評価指標である「幸福度」と「満足度」、社会や居住市に対しての持続性につながる指標である「愛着度」と「定住意欲度」という4つの指標について調査し、その平均点を「SDGs指数」として算出した。その結果、川越市が幸福度で1位、満足度4位、愛着度10位、定住意欲度13位で、SDGs指数のトップ。2位は金沢市(石川県)で、やはり4指標とも10位以内と高い評価だ。3位は西宮市、4位が明石市と兵庫県の市が続いた。

 一方、83.3%の人が、不満や悩みを抱えており、具体的には「低収入・低賃金」、「貯蓄・投資」などの悩みが多い。「社会として取り組むべき課題」の最多はやはり高齢化だった。

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ