まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

今年は何点だった? 暮らしについては「貧しくなった」が最多

sub1

 今年はどんな年だっただろう? 災害、ラグビー、令和のスタート。2019年の日本に点数を付けるとしたら100点満点中、何点ですか?とたずねたところ、50点という人が最も多く23.2%だった。

 全国の10〜60代の男女1,086人を対象に実施した「現代から未来の日本に思うこと」に関する意識調査(ゼネラルリサーチ・東京)。この1年を振り返って印象に残っていることは、「元号が平成から令和へ」(66.7%)、「台風19号などの自然災害」(54.1%)、「消費税10%」(48.2%)など。今後より発展してほしいことは、災害対策や復興・インフラの整備(39.9%)という回答が最も多く、次いで人々の暮らしや働き方(28.5%)、政治・経済(21.7%)だ。

main

 暮らしや生活の変化については、経済的に貧しくなった(36.0%)という回答が最多。次いで精神的に貧しくなった(22.7%)と、少々寂しい変化が多い。逆に精神的に豊かになったという人は17.6%に留まるが、豊かになったと振り返った人を世代別に見ると、若い世代ほど割合が高かった。そして今年の「自分の点数」は、やはり50点(20.6%)が最多。100点満点は3.4%、0点は4.1%だった。

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ