まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

9割が災害を懸念 防災対策している人は半数以下

Emergency preparedness natural disaster supplies. Water, flashlight, lantern, batteries.

 地震や台風、豪雨など、今年も日本列島はさまざまな自然災害に見舞われた。ひと昔前は、こんな雨の降り方はなかった、この時期にこんな台風は来なかった、この川が決壊するなんて…と、想像を超える被害に驚く声も多い。今まで被害を免れていても、今後何があるか分からないと考える人が増え、9割の人が災害の増加を懸念していることが「防災に関する意識調査」(セコム)で分かった。

 20代以上の男女500人を対象にした調査。2012年の調査開始以来、災害を懸念する人の割合は過去最高になった。防災対策をしている人も今回初めて4割を超え、食料や生活必需品の備蓄(65.5%)・非常持ち出し袋の準備(60.5%)などをしている人が多かった。もっとも、テレビや食器棚などの転倒防止器具の設置(35.9%)、自宅に火災用報知器や消火器を備える(26.8%)などはまだまだ少数派で、対策をしていない人も半数以上。対策をしない理由としては、「具体的にどのような対策をすればよいか分からないから」という回答が多かった。

年末年始の休暇、家族とじっくり防災対策、準備の確認をしておこう。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ