まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

世話ができなくなったら? シニアのペット事情

main

 家族のように暮らし、話し、癒やし合う相手であるペット。でも、自分が彼らの世話をできなくなった時のことは考えているだろうか? 「考えていない」という人が6割に上ることが、アンケート調査(イオンペット・千葉県市川市)で分かった。

 ペットを飼っている60歳以上の112人を対象にした調査。「ペットを飼って良かったこと」を聞くと、癒やしと生きがいを与えてくれる家族として、ペットと暮らし、「癒やされた」(88.1%)、「家族の会話が増えた」(57.8%)、「寂しくなくなった」「運動するようになった」(ともに29.4%)など、ペットを飼って良かったと思う人がほとんど。約9割は今後もずっと飼い続けたいと答えたが、飼い主が高齢化する中、ペットの“将来”は大きな課題だ。自分が病気などで、十分にペットの世話ができなくなった場合、他の人に依頼するなど、その時のことを考えているかとの質問には、6割がノー、「考えているが準備はできていない」が2割。つまり8割は準備ができていないということだ。

sub1

 自分が早く死んだとき、介護を受けるようになった時のことを考えると心配、いつまで面倒がみられるか、歳を取った時に経済的に大丈夫かどうか―など、実際には不安を抱いている人は多かった。具体的に考えていく必要がありそうだ。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ