まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

学生インターンに関する調査 25歳以上は未経験者が大多数

イメージ
イメージ

 SAKURUG(サクラグ・東京)は、25歳以上の社会人を対象に「学生インターン」についてアンケートを実施。それによると、就活で何かと話題になるインターンだが、学生時代インターンを受けたことがない人が91.5%と大多数を占めることが分かった。

 現在より「インターン」の認知度は低く、以前は学生が企業で働く・職場体験をすることはレアケースだったのが理由として考えられる。そうした中、インターンを「受けたかった」「受けなくて良かった」人は、いずれも13%前後、「どちらでもない」が67.4%となるなど、以前は「就職活動をする=インターン」とのイメージはなかったようだ。

img_196672_1

 一方、「インターンを受けるならどんな内容か?」との問いには、「クリエイティブ系」が24%、エンジニア系が19.1%となるなど、手に職をつける職種が人気だった。逆にこうした職種は、向き不向きもあるため、ミスマッチを防ぐにもいい機会になるのかもしれない。

 インターンに対する印象としては、働くというより「学び」を得られるとの回答が多く、インターンに求めるものとしては「経験」が多かった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ