まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

結婚指輪を身に着ける人が8割超 令和はおそろい志向増える

Husband and wife hold hands together

 人生を共に歩む人と一緒に身に着けるもの。何もなくたって構わない、という人が多かった平成から、ずいぶん意識が変わったようだ。結婚指輪に関する比較調査(ロイヤル・アッシャー・オブ・ジャパン・東京)によると、「結婚指輪を、職場や外出時などでいつも身に着けている」という人の割合は、平成元年婚では36%なのに対し、令和元年婚では82%と倍増していた。

img_196669_1

 夫婦でお揃いのデザインにしたいアイテムの1位は、平成、令和ともに8割前後が「結婚指輪」。続いて「ごはん茶碗、お椀」、「箸」などの定番アイテムだ。令和元年婚はいずれのアイテムでも平成元年婚の割合を上回っており、マグカップや腕時計、服やアクセサリーなどでもおそろいにした、またはしたいと回答。さまざまなアイテムを通じて、“夫婦で共に”というおそろい志向が増えているようだ。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ