まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

地域ブランド調査2019 “令和ゆかり”の市が上昇

Japan Travel Map

 ブランド総合研究所(東京)は、国内1,000の市区町村および47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2019」を実施。14回目となる今年は、全国の消費者3万1,369人から有効回答を得た。

 それによると、全国で最も魅力的な都道府県は北海道で、2009年に都道府県を調査対象に加えて以来11年連続での1位という結果に。市区町村は函館市が53.7点で2年連続6度目の1位となった。2位は前年3位の札幌市、3位は前年2位の京都市となっている。

 ここ数年の傾向として、市区町村の魅力度が全体的に上昇。地方創生への取り組みが本格化し始めた2015年の魅力度平均点は6.6点だったが、それ以降は平均点が上昇し、2019年は9.0点と、調査対象に町村区を加えた2007年以降最も平均点が高くなっている。

 とりわけ、下位の上昇率が高く、調査対象全体の魅力度上昇が明らかになった。そのほか、令和ゆかりの地・太宰府市の各項目で点数が上昇(魅力度は前年77位→今年41位)、2015年以降魅力度が低下していた箱根町の魅力度が再度上昇するなどしている。

<都道府県の魅力度ランキング>

順位 都道府県名 魅力度

1( 1) 北海道 61.0(59.7)

2( 2) 京都府 50.2(52.2)

3( 3) 東京都 43.8(41.9)

4( 4) 沖縄県 40.4(41.2)

5( 5) 神奈川県 34.5(36.7)

6( 7) 大阪府 32.9(31.8)

7( 6) 奈良県 30.0(32.6)

8( 8) 福岡県 29.6(28.1)

9(11) 石川県 25.4(25.7)

10( 9) 長野県 24.8(26.4)

<市区町村の魅力度ランキング>

順位 市区町村名 魅力度

1( 1) 函館市 53.7(50.0)

2( 3) 札幌市 52.9(46.8)

3( 2) 京都市 51.0(48.1)

4( 4) 小樽市 48.0(45.5)

5( 5) 神戸市 44.9(41.5)

6( 6) 横浜市 44.2(40.7)

7( 8) 鎌倉市 43.1(39.7)

8( 9) 金沢市 42.2(39.3)

9( 7) 富良野市 40.8(39.9)

10(10) 仙台市 39.3(35.5)

10(11) 日光市 39.3(34.3)

※( )内は2018年調査結果

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ