まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

「隣の芝生は青い」調査 “青く見える”職業は?

イメージ
イメージ

 知人や友人の勤め先をうらやましいと思ったことはあるかどうかを問う「隣の芝生(企業)は青い」調査の第2回目を、リスクモンスター(東京)がこのほど実施し、調査結果を発表した。対象者は、20~69歳の男女1,000人。それによると、「知人や友人の勤め先に対する羨望(せんぼう)の有無」を聞くと、「うらやましいと感じたことがある」(41.9%)が「うらやましいと感じたことはない」(58.1%)を下回るなど、隣の芝生が青く見える人の方が少なかった。

 「うらやましいと感じたことがある」と回答した内訳を「性別」、「婚姻」、「年齢」、「職業」、「年収」ごとに集計したところ、男女別では「男性」(37.8%)よりも「女性」(46.0%)、婚姻状況別では「既婚者」(40.5%)よりも「未婚者」(42.8%)の回答率が高く。年齢別では「20代」(48.5%)が最も多く、年齢層が高くなるにつれて回答率が減少する傾向がある。

 一方、「うらやましいと感じたことがない」との回答率としては、職業別では「無職」(79.2%)、「公務員」(65.5%)、年収別では「1,000万円~1,500万円」(69.4%)、「1,500万円以上」(62.5%)の高収入層において、高い結果となった。

 知人・友人の勤め先をうらやましいと感じている人に対して「うらやましいと思う企業名」を調査したところ、1位「国家公務員」(19.5%)、2位「地方公務員」(18.9%)、3位「トヨタ自動車」(6.5%)、4位「パナソニック」、「三菱商事」(同率で2.1%)となっており、公務員に対してうらやましいと感じている人が多かった。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ