まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

制服姿にキュンとした経験は? 男女別制服人気No.1制服を発表

イメージ
イメージ

 服装は第一印象を決める重要な要素。制服を着ているだけでカッコイイ~と思ったことがある人もいるはず。エアトリ(東京)は、10~70代の男女623人を対象に、「制服」についてアンケート調査を実施した。最初に「制服姿にキュンとしたこと」があるかどうかを聞いたところ、男性では77.1%が、女性でも70.5%が「はい」と回答。

 それでは、男女ともにどのような制服が人気かというと、男性からも女性からも最も支持を集めた男性の制服は「パイロット」(64.4%と71.3%)だった。あの制服姿と同時に、空を飛ぶという職業に憧れを感じる人が多いのかもしれない。男性に人気があったほかの男性制服は、2位「自衛官」(33.1%)、3位「警察官」(22.4%)、4位「宇宙飛行士」(19.1%)。一方、女性に人気があったほかの男性制服は、2位「サラリーマン(スーツ)」(30.7%)、3位「消防士」(23.0%)、4位「自衛官」(21.8%)となった。

 女性制服で圧倒的な1位となったのは「キャビンアテンダント」(男性の75.1%、女性の67.4%)。男性に人気があったほかの女性制服は、2位「看護師」(45.0%)、3位「巫女」(25.4%)、4位「OL」(21.3%)。同性に人気があった女性制服は、2位「舞妓」(34.1%)、3位「巫女」(30.3%)、4位「看護師」(20.3%)だった。

 「自分が着てみたいと思う制服は?」という質問では、「パイロット」(37.0%)が男性のNo.1に。女性では、好きな制服と同様「キャビンアテンダント」(28.7%)が1位になった。制服で職業を決めた人は男女ともに低かったものの、72.2%が「制服によって仕事に対するモチベーションは変わると思う」と回答。制服を導入したり、制服のデザインを変更したりするだけで、業績がアップする可能性もあるかも!?

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ