まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

消費税増税と同時にスタートするキャッシュレス還元制度 それでも支払いは現金決済派が多い!?

 いよいよ10月1日から実施される、消費税率10%の引き上げ。同時にコンビニなどでキャッシュレス決済した場合、2~5%分のポイントが還元されるキャッシュレス還元制度がスタートする。そこでオーヴォ編集部は「消費税増税後、コンビニでの支払いは何でする?」というアンケートを行ってみた。

 調査は、J:COMの投票機能を使って9月2日~9日に実施し、J:COMユーザーの男女計584人(コア層35~49歳)から回答を得た。1位は「現金」で、64%だった。キャッシュレス決済はポイント還元が魅力だが、セキュリティ面の不安から現金決済にこだわる人も多いのかもしれない。以下、「電子マネー」(22%)、「クレジットカード」(9%)、「QRコード決済」(3%)、「デビットカード」(2%)と続いた。

 来年6月まで9カ月期間限定で行われる、キャッシュレス還元制度。スマートフォン決済サービス「7pay」(セブン・ペイ)の不正ログイン問題によって現金や交通系電子マネーの安全性が再評価される中、消費増税を前に「QRコード決済」のPay各社はユーザー獲得のために魅力的なキャンペーンを展開中だ。パスワード使い回しなどを控え、セキュリティ対策を理解した上で利用すれば、お得に買い物ができるだろう。

 また不正利用に関していえば、国民生活センターは9月5日にキャリア決済の不正利用に関する注意喚起を発表している。携帯電話会社を装ったSMS(ショートメッセージサービス)に書かれたURLにID・パスワードを入力してしまうと、携帯電話会社のキャリア決済を不正利用されるという被害が増加しているので、このような詐欺メールには注意が必要。大手携帯電話会社やキャッシュレスサービスを行う事業者では、補償制度の導入を進めているようだ。利用を検討している人はもしもに備えて、補償制度の有無や補償額の上限などを確認しておこう。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ