まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

小型犬が人気! 選んだ理由は「運命」など人間と一緒

adorable fluffy pomeranian puppy lying on the couch

 飼っている犬のサイズは7割以上が小型犬、出会いの理由は人間と一緒で…。犬の情報サイト「わんちゃんホンポ」(ピーネストジャパン・東京)が、サイトを訪れる犬の飼い主1000人・1375匹を対象に、「飼っている犬種」についてのアンケートを行ったところ、犬種トップ10はほとんどが小型犬という結果になった。

 飼っている犬のサイズについては、小型犬が圧倒的に多く73.4%。次いで中型犬19.7%、大型犬7.0%だった。

 飼っている犬種は、TOP3を小型犬が独占。4位に中型の柴犬がランクインしたが、5位から9位は再び小型犬ばかり。 具体的には、1位は「トイプードル」で全体の約11.5%を占める158頭、2位は「ミニチュアダックスフンド」で103頭、「チワワ」は僅差の101頭で3位だった。中型犬では圧倒的に「柴犬(全体4位)」人気が高く、中型犬の中で2位だった「ビーグル(全体16位)」に大差をつけてのダントツ1位だった。大型犬で人気の犬種2トップは「ゴールデン・レトリーバー(全体10位)」と「ラブラドール・レトリーバー(全体15位)」のレトリーバーコンビだった。ともに人懐っこく穏やかで、従順な性格が魅力的な犬種という。

czMjYXJ0aWNsZSM2MzQ5MSMyMjcyNDYjNjM0OTFfaXFDcVFhaFBGTy5qcGc

 さらに、今飼っている犬種を選んだ理由も聞いた(複数回答)。1位は「見た目」(55.6%)、2位は「運命を感じた」(52.9%)で、半数以上が「見た目」と「運命」というビビッと来た直感で選んでいた。以下、「サイズ」(37.2%)、「性格」(30.9%)、「犬種固有の特長」(24.5%)だった。飼う前は「こんな犬種を飼いたい!」「手入れが簡単な犬種が良い」などの理想があったとしても、いざ実際に犬を前にすると結局は「ビビッときた子」を選ぶ人が多いのかもしれない。人間の恋愛と同じように、犬との出会いもきっと「理屈」ではないのだろう。

 次に飼いたい犬種については、「次も今と同じ犬種を飼いたい」と希望する人が多く、「トイプードル」を飼っている人では158人中115人(72%)、「チワワ」を飼っている人では101人中67人(66%)、「ポメラニアン」を飼っている人では49人中30人(61%)だった。そして、さまざまな犬種を差し置いて一番多かったのは、「その他の犬種」で223人だった。フリー回答によると、多くが「保護犬を引き取りたい」と希望していた。犬種にこだわらず、小さな命を守りたいと思う愛犬家も少なくないようだ。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ