まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

旅行中に仕事の連絡が来た人の割合は? 旅行と仕事に関する調査

Phone call from unknown number late at night. Scam, fraud or phishing with smartphone concept. Prank caller, scammer or stranger. Man answering to incoming call.

 せっかくの旅行中、仕事のことは完全に忘れてと思ったら、職場から連絡が──という人が結構いるようだ。エアトリ(東京)が10代~70代の男女1,240人を対象に実施した「旅行と仕事」に関する調査で、そんな実態が浮き彫りにされた。

 就業中の人に有給休暇を利用して旅行に行った事があるかを聞くと、84.7%があると回答。そのうち、なんと、62.8%の人が旅行中に仕事の連絡が来たことがあるなど、多くの人が旅行中であっても仕事から逃れられないでいる。

 旅行中に仕事の連絡がある事に対してストレスを感じる人を年代別にみると、ストレスを感じる人の割合が最も多いのは「30代以下」(77.6%)で、最も少なかったのは「60代以上」(49.5%)で30代以下と28.1ポイントもの差が開いた。男女で比較すると女性の方がストレスを感じる人が多く、69.6%と男性の58.2%よりも11.4ポイント多い結果となった。

 旅行中に仕事の対応をしたことがある人はすべての年代で過半数に達している。中でも「60代以上」は67.3%と3人のうち2人で、最も少ないのは「50代」の51.0%だった。男女別では男性が67.9%に対し、女性は半数を下回る47.2%だった。旅行中に仕事の対応をすることに対して抵抗があるかの質問には、「30代以下」が65.7%となったのに対し、60代以上は37.3%と抵抗がある人は少なく28.4ポイントもの差が開いた。60代以上は、高度成長期のモーレツ社員の名残があるのかもしれない。

 一方、旅行中に仕事の連絡が来ないよう事前に準備を行う人は、男性が69.6%、女性が77.2%となっているが、連絡が来た経験がある人の割合をみると、それでも容赦なく連絡が来るケースが少なくないようだ。旅行中の同僚に連絡をしたことがある人のうち、86.4%が、旅行中だと知っていたら連絡を差し控えたと回答しているので、やはり事前に周知しておくことが大切なのかもしれない。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ