まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

航空会社のビジネスクラスランキング マリメッコグッズが楽しめる便も

1位 ANA
1位 ANA

 飛行機のビジネスクラスといったら、プライベートで使うことはあまりないかもしれないが、ツアーによってはお得になっているものもあるから、たまに検討してみるのもいいかも。そこで、阪急交通社(大阪市)が発表した各航空会社のビジネスクラスランキングを紹介する。

 1位を獲得したのは「ANA」。イギリスの航空サービス調査会社スカイトラックス社による「2019年ワールド・ベストビジネスクラス トップ10」でも2位にランクインしている。今年8月に約10年ぶりにファーストクラスとビジネスクラスのシートが一新され、ビジネスクラスはドア付きの個室型になった。付属のモニターは24インチと大きく4K対応のもの。長時間フライトでも、プライベート空間で快適に過ごすことができる。

2位 キャセイパシフィック航空
2位 キャセイパシフィック航空

 2位は、香港を拠点とする「キャセイパシフィック航空」。長距離路線のビジネスクラスシートは斜めに配置された個室型。機内食は環境に優しい旬の食材を使用し、受賞歴のあるワインや各種飲み物が楽しめる。3位は、フィンエアーこと「フィンランド航空」。東京、名古屋、大阪、福岡に就航している。機内食は地元の食材を使った北欧料理。アメニティキットはマリメッコがデザインしたもので、クッションやテーブルウェアもマリメッコで統一されている。

4位 JAL(日本航空)
4位 JAL(日本航空)

 4位にランクインしたのは「JAL」。長距離路線はもちろん、ハワイや東南アジアなどの中距離路線でもフルフラットシートが採用されている。機内エンターテインメントではソニーのノイズキャンセリング機能付きヘッドホンが使用できる。5位は、「ルフトハンザドイツ航空」。長距離路線のビジネスクラスは全長約2mの水平に眠れるシートで、ゆとりのある機内空間を満喫できる。

 以下、6位シンガポール航空・7位エミレーツ航空・8位ターキッシュエアラインズ・9位マレーシア航空・10位デルタ航空となっている。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ