まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

婚約指輪の決め手は? 全年代で1位になったのは「ティファニー」

Silhouette of Young Man with Engagement Ring Proposing to Woman 最近は結婚のスタイルもさまざまだけど、あなたならやっぱり婚約指輪がほしい? それともなくても大丈夫? 婚約指輪・結婚指輪の比較サイト「ufufu」を運営するデジタルアイデンティティ(東京)は、3年以内に婚約指輪をもらった、もしくは購入したことがある20~40代の男女600人を対象に、婚約指輪の人気ブランド調査を実施した。

 実際に購入した婚約指輪ブランドの1位は「ティファニー」(15.0%)で、特に40代(19.0%)に人気があった。2位は「4℃」(9.8%)、3位は「I-PRIMO」(9.0%)となった。では、何が購入の決め手になった(複数回答)かというと、一番は「デザイン」(78.7%)。2位の「値段」(46.5%)よりも30ポイント以上高かった。デザインで購入者が満足した点は、「飽きのこないスタイルで、何十年経ってもおかしくないデザインだった」(34歳、男性)、「他の人が持っていない、かぶらないデザインが気に入った」(27歳、女性)、「結婚指輪と合わせてもバランスのいいデザインのものを探していた」(30歳、女性)など。興味深いのは4位に入った「接客」(23.2%)。2人の記念となる品について、2人の要望をなるべくかなえようとする姿勢などが貴重な思い出の1つとなっているのかもしれない。ちなみに3位は「ブランド」(25.0%)だった。

 「親身になって接客してくれたブランド」という質問では、「I-PRIMO」(35.8%)が1位に(10点満点中10点を付けた人の割合)。2位は「4℃」(33.3%)、3位は「銀座ダイヤモンドシライシ」(31.8%)となった。一方、「高い知識で接客してくれたブランド」の1位は、「ハリー・ウィンストン」(30.8%、同)。「AHKAH」(28.3%)が2位に、「銀座ダイヤモンドシライシ」(27.3%)が3位にランクインした。

 調査対象ブランドは、アーカー(AHKAH)・アイプリモ(I-PRIMO)/ヴァンドーム青山(VENDOME AOYAMA)/カルティエ(Cartier)/銀座ダイヤモンドシライシ/ケイ・ウノ(K.UNO)/スタージュエリー(STAR JEWELRY)/タサキ(TASAKI)/ティファニー(Tiffany)/ニワカ(NIWAKA)/ハリー・ウィンストン(Harry Winston)/ブルガリ(BVLGARI)/ミキモト(MIKIMOTO)/ヨンドシー(4℃)/ラザール ダイヤモンド(LAZARE DIAMOND)。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ