まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

許せないと思う迷惑行為でダントツに多いのは? 公共交通機関のマナーに関する調査

transportation

 電車やバスに乗り、傍若無人に振る舞う人が同乗している時に「許せない!」──と思ったことがある人が多いのではないだろうか。エアトリ(東京)が10代~70代の男女1,133人を対象に実施した「公共交通機関のマナー」に関する調査によると、このマナーについては女性の方が敏感なようだ。

 ズバリ、公共交通機関利用時に周囲の人の行為に迷惑だと感じたことはあるか?と聞いたところ、バス、電車、新幹線、飛行機の全てで周囲の人の行為に迷惑だと感じたことがある人が過半数となった。特に「電車」は、「とても迷惑だと感じた」(男性:39.7%、女性:42.4%)を選んだ人が最も多い乗り物に。男女比で見ると、全ての乗り物で「迷惑だと感じたことはない」を選択するのは男性の方が多くなるなど、女性の方がマナーに敏感のようだ。

 どんな行為に迷惑だと感じるか(複数回答)については、バスでは「大声での会話」(45.6%)がトップとなり、「座席の座り方」(45.6%)、「携帯電話での通話」(36.8%)が続く。電車では「座席の座り方」(72.8%)が1位で、以下「大声での会話」(58.5%)、「携帯電話での通話」(56.3%)が続いている。

 一方、新幹線で迷惑に感じる行為の1位は「大声での会話」(52.7%)、2位「過度なリクライニング」(42.1%)、3位「後ろからシートを蹴る」(40.2%)という結果に。飛行機では「過度なリクライニング」(54.4%)が1位となり、「後ろからシートを蹴る」(46.7%)、「大声での会話」(38.4%)が続いた。

 ただ、これらの迷惑行為に対して、注意をしたことはある人は少なく、男性は39.0%、女性は28.3%にとどまっている。

 迷惑行為の許容範囲について、許せる・許せないを聞くと、男女ともに最も許せない行為は「後ろからシートを蹴る」(【許せない】男性:95.4%、女性:96.5%)がダントツに。半面、と許せる行為として男性は「靴を脱ぐ」(【許せる】男性:80.8%、女性:75.2%)、女性は「座席を間違える」(【許せる】男性70.1%、女性:78.9%)が1位となった。

 また、公共交通機関を利用する際、周囲の人に迷惑をかけないように意識しているか?と聞くと、9割以上となる95.9%の人が「意識している」と回答した。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ