まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

ぴあ映画初日満足度ランキング ドラクエ、ワイルド・スピードを抑えて1位になったのは?

(C)2018 BOY WHO LTD/BRITISH BROADCASTING CORPORATION/THE BRITISH FILM INSTITUTE/PARTICIPANT MEDIA, LLC
(C)2018 BOY WHO LTD/BRITISH BROADCASTING CORPORATION/THE BRITISH FILM INSTITUTE/PARTICIPANT MEDIA, LLC

 「ぴあ」スマートフォンアプリは、8月2日・3日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

 それによると、第1位は、14歳の少年が起こした奇跡を実話を基に映画化した『風をつかまえた少年』。原作は世界23カ国で翻訳されたノンフィクション本で、風力発電を独学で造り上げ村を救った少年を描きベストセラーになった。

 そして、第2位は、ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムを主役に迎えたスピンオフ作品『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』、第3位は、東京国際映画祭で監督賞を受賞し、ウディネファーイースト映画祭で新人監督作品賞を受賞した田中征爾監督の長編第1作目『メランコリック』だった。

************************************

1位『風をつかまえた少年』92.9点

2位『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』89.0点

3位『メランコリック』88.6点

4位『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』86.7点

5位『あなたの名前を呼べたなら』84.1点

6位『トム・オブ・フィンランド』83.6点

7位『守護教師』80.6点

8位『サマー・オブ・84』79.6点

9位『世界の涯ての鼓動』74.9点

(8月3日ぴあ調べ)

************************************

 ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ